【幼児英語用DVD】Goomies(グーミーズ)の口コミ、3歳と0歳の反応は?親目線でもオシャレ

子育て情報

幼児英語用DVDのGoomies(グーミーズ)は、パッケージもオシャレで絵やキャラクターもすごく可愛いです。

アツシ
アツシ

楽天市場やAmazonのサイトで英語教材ランキングが上位で、購入者レビューの評価も高いのですごく気になっていたので試してみました。

我が家の英語教材事情は「こどもちゃれんじイングリッシュ」と「えいごであそぼの昔のDVD」をメインで使って、DVDの映像を家と車の中で見せています。

気になっていたGoomies(グーミーズ)が仲間に入ったので、3歳と0歳(今は誕生日がきて1歳になっています)が使ってみた感想をお伝えします。

スポンサーリンク

Goomies(グーミーズ)は子どもの英語教材に最適

Goomies(グーミーズ)は子どもの英語教材に最適

Goomies(グーミーズ)は英語教材専門の英語伝(EIGODEN)という会社が販売していて、0歳から6歳ぐらいまでが対象の幼児英語DVDです。

子供が歌に合わせてダンスしたり、楽しみながら自然と英語が身につくDVDになっています。

パッケージを見てもわかるように、オシャレで可愛いので子供たちが本当に楽しみながら見てくれるので自然と英語に触れられる環境がつくれてます。

可愛いキャラクターのマシュマロうさぎのMoo(ムー)と恐竜グミキャンディのTino(ティノ)がメインキャラクターなので子供も気に入りやすかったのかもしれません。

DVDでのティノの行動やワガママさは、子育てあるあるな感じがして特に可愛いく感じます。

1話は3分完結で「アニメ」「ことば」「うた」の3シーンから構成されていて、小さいこどもでも飽きずに見てくれてます。

  1. 遊びや食事、買い物など日常生活がテーマの「アニメ」
  2. アニメのテーマに関連した6つの「ことば」
  3. 誰もが知ってる子供たちに人気の「うた」

3分の中でシーンがテンポよく変わっていくので、子供だけでなく親もつい見てしまいます。

全部で30話あって、収録時間が90分間とたっぷりあるのは親としてもありがたいです。

アツシの嫁さん
アツシの嫁さん

家事の合間を利用してDVDを見せてても、収録時間が短いものだとDVDが終わると子供に呼ばれて結局手が止まってしまう。

よくある英語のDVDは収録時間が短いので、Goomies(グーミーズ)はたっぷり90分あって助かるわ。

アツシ
アツシ

確かにそうやな。

車でよくDVDを見せるけど、長距離ドライブでもGoomies(グーミーズ)は飽きずに見てくれる。

運転中にDVDを何度も替えなくてすむのも、地味に助かるわ。

もちろん気に入った1話だけを選んで見せることも出来るし、VOLUME1には1〜10話、VOLUME2には11〜20話、VOLUME3には21〜30話が収録されているので30分ずつ見せることも可能なので色々なパターンで子供にも見せることができます。

0歳から英語を始めても早すぎじゃないの?と思うかもしれませんが、英語耳と英語脳を育てるためには決して早くない。

日本語の音は約108音、それに比べて英語の音は約1808音もあり、3歳までに耳が英語に慣れていないと1808音すべては聞き取れなくなってしまうからです。

Goomies(グーミーズ)のような幼児英語DVDは楽しみながら英語に触れることが出来るので、英語がある環境を自然に作り出すスタートとしてもおすすめですよ。

スポンサーリンク

Goomies(グーミーズ)のメリット

Goomies(グーミーズ)のメリットは?

Goomies(グーミーズ)のメリットは5つです。

  1. ひとつの話が短編
  2. すべて英語
  3. こどもが出てくるマネしやすい
  4. 単語をリピートしたくなる仕掛けがある
  5. 絵や服が可愛い

ひとつの話が短編

ひとつの話が短編

1話が3分完結する内容で3分の中でもシーンが「アニメ」「ことば」「歌」とテンポよく変わってくれるので、飽きやすい子供も飽きずに見てくれます。

親の都合で3話分だけとか、1〜10話が入っているVOLUME1だけなど見せる時間を決めれるのもいいです。

子供に「もう終わりやで!」と言ったときに毎回まだ見ると言われるのですが、「あと一つだけな!」と言って交換条件を出すときも1話が3分で終わってくれるので助かってます。

すべて英語

すべて英語

Goomies(グーミーズ)のDVDの内容は、すべて英語のみで日本語は全く出てきません。

最初は生活のシーンがあるのに日本語が出てこなくて大丈夫かなと思っていたのですが、絵やアニメで状況がわかるので英語だけでも大体の状況がわかるので英語耳を育てるのには英語だけのほうが良いと感じてます。

繰り返し見ることで、音で覚えるようになってくるので不思議です。

DVDの内容は日常生活のシーンがメインなので、子供たちからしたら普段生活しながら日本語を覚えるのと同じ感覚で英語を覚えていってる感じがしますね。

ふとした時に子供からグーミーズで使われている英語のフレーズが出てきたり知らない間に歌を覚えていたりするので、本当にびっくりします。

こどもが出てくるのでマネしやすい

こどもが出てくるのでマネしやすい

DVDの歌のパートではこどもが映像に出てくるので、その子をマネして踊ったり歌ったりします。

なぜか子供は他の子のマネをしたがりますよね。

子供の番組に子役や子供のエキストラがでてくるのもその心理があるからですかね。

自然とDVDに出てくる子がやってるのを見て、マネしてくれるので親としても助かります。

単語をリピートしたくなる仕掛けがある

単語をリピートしたくなる仕掛けがある

「ことば」のシーンでは大人の声で単語を言ったあとに、マシュマロうさぎのMOO(ムー)の声でリピートしてくれます。

これによって子供もマネしてリピートしたくなる感じになっています。

声に出すことでアウトプットが出来るので、この仕掛けは良いですね。

「アニメ」のシーンでも同じ言葉を繰り返して使ってくれるので、そこでもリピートしやすい仕掛けになっています。

絵や服が可愛い

絵や服が可愛い

アニメーションの絵が可愛いです。

色使いもオシャレなので、親としても見せる安心感がありますね。

DVDにこどもが出てくるのですが、その子達が着ている服もすごく可愛いです。

全体を通して、Goomies(グーミーズ)はオシャレで可愛いのでプレゼントにもオススメですね。

スポンサーリンク

Goomies(グーミーズ)のデメリット

DVDに入っているセリフ&歌詞集に日本語訳がない

Goomies(グーミーズ)のデメリットは3つです。

  1. フォニックスがない
  2. 英語をしゃべるスピードが早い
  3. DVDに入っているセリフ&歌詞集に日本語訳がない

フォニックスがない

Goomies(グーミーズ)には最近主流のフォニックスは収録されていません。

単語はリピートしやすい仕掛けになっているので単語としては覚えれるのですが、フォニックスで発音を学ぶことはできません。

フォニックスメインで学びたいという人にはおすすめできません。

フォニックスメインで学びたいのであれば、幼児英語 DVD Goomiesを販売している英語伝(EIGODEN)が出しているPinkfong Fun Phonics for Kids (EIGODEN)のDVDの方がいいかもしれません。

ピンキッツの歌で楽しくフォニックスが学べるもので、YouTubeでも一部公開されているので見てみてください。

Fun with Phonics | ABCフォニックスの歌 | ピンクフォン英語童謡

英語をしゃべるスピードが早い

Goomies(グーミーズ)は英語のみのDVDなのですが、その英語をしゃべるスピードが早いです。

子供用のDVDなのでゆっくり話すとかはなく、日常で使われるスピードで収録されています。

一番最初に聞いたときは、「はやッ!なんて言ってるの?」と思ったのでが、何度も聞いているとスピードにもだんだん慣れてきてます。

英語耳を育てるためには、普通のスピードで聞けるようになる必要があるので子供にとってはいいのかもしれませんね。

やっぱり慣れるということが大事なんだなと感じています。

DVDに入っているセリフ&歌詞集に日本語訳がない

DVDの内容で何と言っているのかがわかる「セリフ&歌詞集」が入っているんですが、全部英語で書かれていて日本語訳がないのです。

この「セリフ&歌詞集」は基本的には親が見るものなので、何を言っているのかがわかるように日本語訳があると助かるのになと感じています。

親も調べながら勉強してくださいね!ということなのかもしれないと前向きに考えることにしておきます。

アツシ
アツシ

でもやっぱり調べたりするのはめんどくさいですね!笑

スポンサーリンク

Goomies(グーミーズ)を見た3歳と0歳の反応

Goomies(グーミーズ)を見た3歳と0歳の反応は1
3歳の娘はGoomies(グーミーズ)のパッケージを見た瞬間、なぜか宇宙飛行士の絵が気に入っていました。
Goomies(グーミーズ)を見た3歳と0歳の反応は2

3歳の娘はGoomies(グーミーズ)のパッケージを見た瞬間、なぜか宇宙飛行士の絵が気に入っていました。

そしてそのキャラクターが出てくる「Twinkle Twinkle Little Star」の歌を何度も見てました。

キャラクターのティノも大好きで、ティノがしゃべると「可愛い!」と言って、言ったことばをマネしながら見ています。

3歳の娘はアニメの部分よりも歌の部分が好きで、子役の子をマネして一緒に踊ってます。

逆に0歳の娘は、歌よりもアニメの部分を集中して見てます。

我が家はこどもちゃれんじイングリッシュもやっているのですが、3歳の娘は歌が好き、0歳の娘はお話の部分が好きみたいなので子供の性格によって気に入るところに違いがありますね。

スポンサーリンク

Goomies(グーミーズ)のおすすめの見せ方

Goomies(グーミーズ)は車の中で見せる

車の中で見せることが多いのですが、車の中は家で見てるときよりも集中して見てくれるのですごくおすすめです。

Goomies(グーミーズ)はDVD以外ではHuluでも見ることが出来ます。

子供が気に入るのかを検討するために、Huluの無料お試し期間を活用するのはいいですよ。

Huluは月額1,026円(税込)で他にもアニメなども見れたりするので、家で見るなら便利ですね。

しかしDVDで持っているほうが車でも見せることが出来るため、気に入ったのであればDVDを購入して持っていたほうが英語がある環境を作りやすいですよ。

DVDは何年も使えて、コスパがいいですしね。

人気商品のためメルカリでもほぼ定価近くで取引されているので、もし子供が見なくて売ることになっても損しないのは親とてはありがたい部分ですね。

Goomies(グーミーズ)はAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングのサイトでも購入できますが、英語伝(EIGODEN)のサイトで簡単な会員登録をするだけで10%オフになり送料無料の3,600円(税込)で買えるのでお得ですよ。

フォニックスが歌で楽しく学べるPinkfong Fun Phonics for Kidsも10%オフで購入できますよ。

幼児英語DVDのGoomies(グーミーズ)は子供が楽しみながら英語に触れることが出来るので、英語がある環境を自然に作り出すきっかけとしてもおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました