コニー抱っこ紐はどっちを選ぶ?サマーとオリジナルの使用感レビュー

子育て情報
子育てmama
子育てmama

SNSで話題のコニー抱っこ紐がほしいけれど、サマーとオリジナルがあってどっちにするか悩むわ。

アツシ
アツシ

カラーの違いや素材感による見た目も変わってくるので、どっちにするか迷いますよね。

私の家では妻がオリジナル、私がサマーを使用しています。

実際に使用してみた感想をお伝えします。

コニー抱っこ紐はコンパクトで持ち運びもしやすく、子どもがよく寝てくれるとSNSでも話題になっています。

実際に私の子どもは、本当によく寝てくれます。

家の中で家事をしながら寝かしつけで使うこともあります。

さっと付けれるので家事を進められるためすごく助かります。

抱っこしてるときに肩や腰への負担が少なく、赤ちゃんの股関節にも優しい抱っこ紐です。

バックルなどのないシンプルなデザインなので、抱っこ紐のバックル外しの被害を警戒している方からも選ばれています。

サマーとオリジナルの2パターンのラインナップがあるため、どちらにしようか悩む方が多いですね。

選ぶポイントは明確にありますが、迷ってどちらか決めれない人はサマーを買っておけば後悔しません。

夏の子どもの涼しさを重要視するのであればサマータイプがおすすめですが、好きなカラーがオリジナルにしかないという人はオリジナルタイプを選ぶことになります。

しかしオリジナルを選んだとしても、真夏に快適に使用する方法もあります。

また生後2ヶ月ぐらいまでは長い時間外を歩く機会も少ないため、外出の機会が増える時期がいつなのかを考えて決めるのもいいですよ。

私はサマー、妻はオリジナルをメインの抱っこ紐として使用しています。

実際に使用して感じたことや違いをお伝えします。

スポンサーリンク

季節による使用感について

夏の使用感について

コニー抱っこ紐に保冷剤を入れる

サマーとオリジナルで悩んでいるときに一番気になるポイントが、夏と冬の使用感です。

夏はメッシュの方が涼しそうだが、逆に冬は寒そうだと思ってしまいます。

たしかに夏はメッシュタイプの方が通気性がよくてムレ感が少ないため、子供も涼しそうです。

しかしオリジナルも布の厚さは一般的なTシャツぐらいで通気性は悪くないので、暑くて仕方がないという感じではないです。

真夏にイオンなど空調の効いている場所に行くことが多いのであればオリジナルでも大丈夫ですが、外に遊びに行くことが多いのであればサマーを購入しておいたほうが良いです。

カラーバリエーションの関係でオリジナルを選びたいという人でも、ひと手間は必要ですが夏を快適に過ごす方法はあります。

オリジナルの夏の対策法として、外紐についているポケットの中に保冷剤を入れて冷やすことができます。(サマーにももちろん付いています)

オリジナルの夏の対策法として、外紐についているポケットの中に保冷剤を入れて冷やすことができます。(サマーにも付いています)

お祭りなど真夏で屋外に長時間いなければいけない時には、子どもの熱中症対策になります。

正直に言うと、私と妻がコニー抱っこ紐を使うときは、外紐は面倒なので付けていないです。

冬の使用感について

冬はメッシュの方が寒いのかというと、正直どちらも同じぐらいの体感になります。

子どもと密着しているので、意外とサマーでも温かいです。

コニーをしている上から子供も覆うようにアウターを羽織ることができるため、寒さに関してはどちらも対策ができます。

コニー抱っこ紐専用の防寒ケープも販売されていますので、気になる方はチェックしてください。

袖がないので、防寒ケープの上からアウターをはおる形にはなりますね。

スポンサーリンク

サマーとオリジナルのサイズ感について

コニー抱っこ紐のサマーとオリジナルでは、実測値でのサイズには少し違いがあります。

サマーはメッシュタイプ、オリジナルは布タイプになっていて素材感が全く違います。

それもありサマーの方が少し小さく作られています。

この違いは素材がどれぐらい伸びるかを計算して変えているだけなので、サマーとオリジナルは同じサイズのものなら実際に使用した感じは同じになります。

サマーだから1つ上のサイズを選ばなければいけないということはないです。

最初は「きつい感じかな?」と少し感じる密着感が正しいサイズになります。

実店舗がないため試着が出来ないのが一番困りますね。

ネットで購入することになりますが、もちろんサイズが違った場合は返品が出来ます。

返品に関する詳しい内容は別の記事に書いていますので、合わせて読んでみて下さい。

赤ちゃんの月齢や重さに関係なく、女性は妊娠前の上着のサイズ、男性はTシャツのサイズを基準に選ぶと失敗はないですよ。

抱っこ紐 サイズ女性 
(上着)
男性 
(Tシャツ / 胸囲)
XXS5号
XS7号
S9号S / 90cm
M11号M / 95cm
L13号L / 100cm
XL15号XL / 105cm
XXL17号XXL / 110cm
3XL19号3XL / 115cm

\公式サイトでサイズ感の確認ができます/

参考までに、実際に購入したサイズをお伝えします。

妻は160cm、57kgでMサイズ(オリジナル)を購入しました。

妊娠中や産後は体重の変動もあるため、出産前の体型をもとにサイズを決めてました。

160cm、57kgでMサイズ(コニー抱っこ紐オリジナル)
コニー抱っこ紐の後ろ姿
コニー抱っこ紐使用感

私は179cm、73kgでLサイズ(サマー)を購入しました。

ユニクロで購入するTシャツのサイズと胸囲のサイズを参考に購入しました。

179cm、73kgでLサイズ(コニー抱っこ紐サマー)

コニーサマー後ろ姿
コニーサマー使用感

購入当初からふたりともサイズはぴったりでした。

子どもが成長するにつれて、コニーも少しずつ伸びてきます。

妻の方は長女が赤ちゃん返りして使うことがあるため、次女を入れた時に少し伸び過ぎている感じがしているようです。

私の方はたまにしか長女は入れないので、そこまで伸びすぎている感じはしていないです。

オリジナルだから伸びやすいということはないですが、上の子どもへの使用頻度によって伸び率が変わってくることがあります。

伸びてくると肩の部分が落ちやすくなってきます。

肩が落ちてくると、長時間使っている時に腰や肩が痛くなってしまいます。

スポンサーリンク

カラーバリエーションの違いについて

サマーとオリジナルを比較すると、素材もそうですがカラーバリエーションが違います。

種類カラーバリエーションラインナップ
サマー3種類クリーム、ブラック、チャコール
オリジナル12種類ラベンダー、モカ、ネイビー、
ブラック、チャコール、グレー、
ベージュ、ミント、ピンク、
ストライプ、グリット、ワインドット

カラーバリエーションは圧倒的にオリジナルの方が多いですね。

2020年3月20日よりに新色のラベンダーも追加されました。

ブラックとチャコール以外は同じカラーのラインナップがありません。

サマーとオリジナルはブラックは近い色味になっていますが、チャコールは若干色味がちがいます。

カラーのラインナップが違うというのも、どちらを買ったほうが良いのかを悩ませるポイントですよね。

妻が使用しているベージュなど薄い色は子どものヨダレが目立ってしまう感じはあります。

抱っこ紐のよだれによる汚れ

メッシュのブラックに関しては、ヨダレで濡れはしても色が変って目立つようなことはありません。

メッシュのクリーム(白)もヨダレは目立ちにくいですね。

すぐに乾いてわからなくなるのですが、そこを気にする方はそれも含めてカラーを選びの参考にしてください。

コニー抱っこ紐は汚れても簡単に洗濯できて、Tシャツにようにすぐに乾きます。

抱っこ紐は洗濯しづらい商品も多いため、いつでも洗濯できていつも清潔にしておけるのはメリットですね。

子育て中の人に人気の記事
スポンサーリンク

価値観や生活スタイルによって選ぶ基準は変わる

コニー抱っこ紐でサマーとオリジナルのどちらを選んだ方がいいのかは、何を重視するのか、生活スタイルはどうなのかによって変わってきます。

どちらを選んでもコニー抱っこ紐は、コンパクトで使いやすくて子育てに役に立つ商品です。

公式サイトのよくある質問もすごく参考になります。

仕様がどうかも大切ですが、好きなカラーや自分のテンションが上がるものを選ぶのも全然オッケーです。

子育ては大変で我慢する日々の連続なので、頻繁に使う子育てグッズはお気に入りの物を使いましょう。

軽くてコンパクト、しかもつけやすくて子供がよく寝てくれるコニー抱っこ紐を使うことで、子育て生活のストレスを減らすことができますよ。

家でアニメを見るのにオススメのサイト集

コメント

タイトルとURLをコピーしました